ここから本文です

アンナ、父・梅宮辰夫の手術後語る「また一緒にテレビに出ようね」

スポーツ報知 9月8日(木)6時5分配信

 俳優の梅宮辰夫(78)が十二指腸乳頭部がんを患い、7月に手術を受けていたことが7日、分かった。長女でタレントの梅宮アンナ(44)がこの日、都内で会見。十二指腸と胆のうを全て摘出し、膵臓(すいぞう)と胃の一部も切除したことを明かした。

 ―手術後の様子は?

 アンナ(以下、ア)「体中にチューブが10本近く入ってて、日に日に1個ずつ取れていくと『今日、1本取れた』とすごく笑ってた」

 ―食生活に気をつけてきた?

 ア「ちっとも。今回やっと気づいたみたい。今は料理の本を見て、塩が4グラムって書いてあったら、計量器で量って4・2グラムでもダメ。きっちり4グラムで作ってる」

 ―今後、抗がん剤治療を行う予定は?

 ア「今のところはない」

 ―年末には復帰?

 ア「そうですね。また一緒にテレビに出ようねって言ってる」

 ―親交が深い松方弘樹さんも闘病中だが。

 ア「連絡は取ってるとは思うけど…。父が『みんな、いなくなっちゃうな』としょんぼりしてる」

 ―一緒にしたいことは?

 ア「年末に家族で旅行に行きたいな。とにかく父は孫一番なので、今回もずっと一緒に病院に行ってた。孫の存在が大きかった」

 ―今後、どう見守る?

 ア「とにかく、優しくします」

 ―親子げんかはしない?

 ア「します。また激しいけんかができたらいいな」

最終更新:9月8日(木)6時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。