ここから本文です

広瀬すず、漫画実写化でいろいろな意見があるのは当然「ポジティブに考えています」

オリコン 9月8日(木)8時40分配信

 さわやか笑顔と等身大の飾らない言動も好感。若手女優のなかでも高い人気を得ている広瀬すずと、いまもっとも勢いのある山崎賢人がW主演することで大きな注目を集めている『四月は君の嘘』。『海街diary』『ちはやふる』に続く少女漫画実写映画への出演となった広瀬に、いまの女優業への想いを聞いた。自身を“完璧主義で負けず嫌い”としながら「悔しい気持ちがモチベーションになっている」「やることを全部やって結果を見てもらう」と語る真意とは?

【写真】シースルー衣装の広瀬すずインタビューカット

◆私は思っていることを口にしないタイプ。でもこれからは…

――『四月は君の嘘』で演じたかをりは天真爛漫で奔放だけれど、実はある秘密を抱えているバイオリニストという複雑な役どころです。この役を演じると聞いたとき、すぐにイメージできましたか?
【広瀬すず】 まったくできなかったです。自分とは真逆の子だなあと思って……。お話をいただいたあと、原作漫画とアニメを観はじめたのですが、途中で「引きずられてしまう」と思ったので、観るのをやめました。

――撮影前からバイオリンのレッスンをされていたそうですが、難しかったですか?
【広瀬すず】 もう、本当に難しかったです(笑)。とてもじゃないですけど、1~2ヶ月の練習でできるようなものではないなって。それでも、まずはまっすぐ弓を持つところから教わって、1音ごとに手の動きを確認しながら、3曲地道に練習しました。なかなか弾けるようにならなくて、もう撮影に間に合わないんじゃないかって思いましたけど、そこで完璧主義と負けず嫌いが沸き上がってきて(笑)。いざ撮影に入ったら、練習中にはできなかったビブラートもできるようになってうれしかったです。

――かをりの行動やセリフは、心に刺さるものが非常に多かったと思います。広瀬さんご自身が何か影響を受けたことはありますか?
【広瀬すず】 17歳であれだけ抱えきれないものを背負っていて、かつ公生や周りの人のことを思いやって、音楽のことも考えていて……。人ってここまで強くなれるんだなと思いました。だから、かをりのすべての行動、セリフにたくさん影響を受けました。かをりのすごいところは、ちゃんと自分の想いを言葉にして人に伝えること。私自身は思っていることをまったく口にしないタイプで、むしろ伝えることが好きじゃないんですけど、これからはちゃんと言葉にしようって思いました。思いを伝えたことがすべていい結果になるとは限らないけど、そうすることで何かが変わるかもしれないと思いながら、かをりとして生きていました。

――『海街diary』『ちはやふる』に続いて少女漫画原作の実写化に挑戦されていますが、原作ファンの声は気になりますか?
【広瀬すず】 気にはなりますけど、原作ファンの方のなかに“かをり”という存在が生きているからこそ、いろいろな意見があるのも当然だと思います。でも、そこで思い詰めても何にもならないので、「やることを全部やって、結果を見てもらおう」って思っています。私自身も、以前は好きな漫画が実写化されると“イメージが違う”って感じることもあったんです。でも、作っている人たちはすごく愛情を持って、真剣に作品に向き合っているんだなって、自分もそういう役を演じるようになってから気づきました。きっとその作品におけるその役は、キャスティングされたその人にしか演じられないものなんだとポジティブに考えています。

◆自分の演じている映像を観て「ダメだな」と思うこともよくある

――実際、『ちはやふる』の原作者は「この役は広瀬さんにしかできなかった」とおっしゃっていましたよね。他の作品でも、広瀬さんはそういう褒め言葉をよくもらっている気がします。
【広瀬すず】 その言葉がいちばんうれしいです! やっぱり自分がやったことに意味があったと思いたいですから。

――逆に、悔しいと感じることもありますか?
【広瀬すず】 全部の作品でそう思っています。自分の演じている映像を観て「ダメだな」って思うこともよくあって……。きっと自分で納得することは一生ないと思います。でも、たぶん納得したら終わりなんです。私はその悔しい気持ちがモチベーションになっているので。

――やっぱり負けず嫌いですね(笑)。本作ではバイオリンを練習しましたが、このところ競技かるたやチアダンスなど、いろいろなことに挑戦する役が続いています。そういうところでも負けず嫌いが発揮されているんでしょうね。
【広瀬すず】 最初はいつも「大変そうだからイヤだな」って思うんです(笑)。でも、そんなこと言ってもやるしかないので、すぐに自分のなかに火がつきます。実際に作品を終えてみると、得るものはたくさんあるし、達成感もすごくあるので、がんばってよかった、この役柄に出会えて本当によかったって思います。ただ、自分の気持ちが重すぎて撮影序盤でかなり疲れてしまうので、次はもうちょっとナチュラルに取り組める作品がいいです(笑)。

――今、興味のあるジャンルはありますか?
【広瀬すず】 これまで青春ものをたくさんやらせていただいたので、逆にシリアスなものに挑戦できたらいいなと思っています。キラキラした世界とは180度違う、今まで知らなかったような世界に染まってみたいです。
(文:加藤 恵)

最終更新:9月8日(木)8時40分

オリコン