ここから本文です

卓球銀メダリスト・丹羽孝希、2年前から乃木坂ファン「ライブは常に行っている」

オリコン 9月7日(水)17時36分配信

 リオデジャネイロ五輪の卓球男子団体で史上初の銀メダルを獲得した丹羽孝希選手(21)が7日、都内で銀メダル報告会に出席。スポンサー契約を結ぶスヴェンソンとヤマト卓球より500万円の賞金と卓球台を模した記念のケーキを贈呈された。

【写真】銀メダルで…500万円の賞金をGETした丹羽孝希選手

 ロンドンに続き、2度目の五輪出場で「ロンドンはすべてが初めてだったので楽しもうと思ったが、2回目は勝つことしか考えていなかったので開会式も出なかった。楽しむよりも勝ちにいった五輪だった」と振り返った。

 「自分は、いま世界ランキング15位ですが10位内に入って東京五輪に出場したい。水谷(準)さんが中国に勝てると証明してくれたので、僕らも本気で金メダルを目指して、この4年間を頑張りたい」と決意を新たにした。

 プライベートでは乃木坂46ファンを公言しているが、競技以外の話は「けっこう恥ずかしい」と照れ気味。「2年くらい前から(ファン)。ライブには常に行っている」といい、乃木坂のライブのため番組収録を抜けたこともあり「収録抜けてまで行ったので、楽しかった。3日連続ライブに行った」と楽しげだった。

最終更新:9月7日(水)17時57分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。