ここから本文です

山田孝之『ウシジマくん』連続公開は自ら提案「最後だし派手に」

オリコン 9月7日(水)18時0分配信

 俳優の山田孝之(32)が7日、都内で行われた映画『闇金ウシジマくん Part3』(22日公開)完成披露上映会に出席。本作と『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(10月22日)を持って完結する同シリーズ。2作連続公開は、主演の山田自ら提案したといい、「深い意味はないです。最後だし、ドドッと派手にいきましょうぜ」と意図を明かした。

【全体ショット】白石麻衣、最上もがらも出席した会見

 山田がそれらしい理由を説明していると、隣にいた綾野剛(34)は「たぶん間が開くとウシジマくんの造形つくるのが大変だから、面倒くさかっただけだと思う」とバッサリ。山田も「そうです」とすぐに認めていた。

 真鍋昌平氏による人気漫画を実写化した同作は、山田が高金利の金融屋・丑嶋馨を演じる人気シリーズ。「フリーエージェントくん編」「中年会社員くん編」を基にした同作では、女性を口説くためネットビジネスで一獲千金を狙うフリーター、遊ぶ金欲しさに借金を重ねるサラリーマンに丑嶋が立ちはだかる。

 舞台にはお笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾(33)も同席。山田、綾野から「なんできょういるんですか?」「出てました?」と散々イジられたが、「ちょっと…楽しい。現場でもずっとイジってくれた」と感謝。役者業に緊張もしてようだが、山田は「芸人さんはお芝居の場で面白くしなきゃって人と、芝居に集中する人がいる。(藤森は)最初は不安だったけれど、しっかり演じていらっしゃったのでよかった」と絶賛していた。

 そのほか、本郷奏多(25)、乃木坂46の白石麻衣(24)、筧美和子(22)、でんぱ組.incの最上もが、浜野謙太(35)、高橋メアリージュン(28)、崎本大海(30)、やべきょうすけ(42)、山口雅俊監督が出席した。

最終更新:9月7日(水)18時8分

オリコン