ここから本文です

中村アン、“ツンデレ”秘書役に挑戦「自分の殻をやぶれるよう」 沢村一樹を冷徹に管理

オリコン 9月9日(金)10時10分配信

 モデルで女優としても活躍する中村アンが10月9日にスタートする日本テレビ系連続ドラマ『レンタル救世主』(毎週日曜 後10:30)にレギュラー出演することがわかった。中村は主人公・明辺悠五(沢村一樹)らが務める『レンタル救世主』の冷徹な秘書・秦野いろは役に起用された。

【写真】沢村一樹&藤井流星が最初に助ける少女を演じる志田未来

 一風変わったレンタルサービスをテーマにした同ドラマは、人探しや簡単なお手伝いから、ちょっと人には言えない危機解決など困っている誰かのために完全歩合制、営利目的、秘密厳守で“救世主”となる会社が舞台。そこで、借金返済のため妻子のために「命を懸けて救世主をさせられる」、超絶お人好しな中年男・明辺の活躍を描く。

 中村演じるいろはは明辺のほか、スポットライト症候群で目立ちたがり屋の葵伝二朗(ジャニーズWEST・藤井流星)など“救世主”たちを歯に衣着せぬ冷徹さ、そして時折見せる優しさとの“ツンデレ”でまとめあげる。その正体は謎に包まれており、ミステリアスな雰囲気を醸し出す。

 福井雄太プロデューサーは「これまでの中村アンさんとは全く違う印象を持つこの女性を、どんな風に演じていただけるのか、現場が楽しみです!」と期待。中村は「私も試行錯誤しながらですが、しっかりといろはを演じられるよう、そしていい意味で自分の殻をやぶれるような作品にしたいです」と楽しみにしていた。

最終更新:9月9日(金)10時10分

オリコン