ここから本文です

声優初挑戦の永野芽郁、「MX4D」初体験に大興奮

デビュー 9月7日(水)21時51分配信

 女優の永野芽郁とお笑いコンビ・おかずクラブが7日、都内で行われた映画『キング・オブ・エジプト』MX4D体験&アフレコイベントに出席。日本語吹替え版で、ヒロイン・ザヤ役の声優を務めた永野と、主人公に迫りくる悪の刺客で、巨大コブラを操る双子の女神役の声優を務めたおかずクラブの二人が、本作の公開を目前に一足先に迫力満点の「MX4D」を体験した。

【写真】「MX4D」体験をした永野芽郁とおかずクラブ

 本作は、古代エジプトを舞台に、主人公の青年・ベックが、巨大ピラミッドの迷宮、スフィンクスの謎かけや仕掛けだらけの神殿など次々と押し寄せる試練に立ち向かいながら、〈神の眼〉を盗み出し、エジプトの天下取りを目指す、大迫力の映像とスリル満点の体感型アトラクションムービー。

 映画のシーンに合わせて動く可動式シート、吹き付けられる風や水しぶき、その他光や匂いなど五感を刺激する約10種類の演出効果によって、まるで映画の中に入り込んだかのような没入感を体験できる「MX4D」上映。アクションシーンに合わせて飛び出る水しぶきに絶叫していた永野は「初めて乗ったけど楽しかった! 遊園地に行くより近くて楽しめる!!」と大満足の様子だった。

 この日、水色の爽やかな衣装で登場した永野に対して、おかずクラブの二人は、映画の世界観に合わせてセクシーなクレオパトラ風双子女神コーデで登場。オカリナが「神様らしく高貴にした」と語ると、ゆいPは「現代のクレオパトラです。しかも現代に2人も現れました」と会場の笑いを誘う。そんな黄金に輝くおかずクラブに対して、永野は「すごくキラキラしていてカッコイイ」と言いつつも、「私には着こなせない」と笑いを堪えていた。

 本作が日本語吹替え声優初挑戦となった永野は、おかずクラブの2人が演じた美しくも残忍な戦争の双子の女神の印象について「自然すぎて2人が演じたことを忘れてしまっていました」とおかずクラブの2人を絶賛。また、急遽、おかずクラブがアフレコの再現を行うことになり、本番さながらの迫力ある芝居を披露すると会場からも拍手が起こる。

 イベントの最後にオカリナは「色々な神様が出てくる話なので楽しんでほしい」と語ると、ゆいPは「登場人物みんなイケメン、カッコイイを通りこしてセクシー!」と登場人物の魅力をアピール。永野は「ジェットコースターに乗っているような作品です。みんなでわいわいしながら見てほしい!」と呼びかけた。

 映画『キング・オブ・エジプト』は、9月9日(土)より全国ロードショー。

最終更新:9月7日(水)21時55分

デビュー