ここから本文です

【GOLF】岩田、金庚泰が来季米ツアー出場権をかけた戦いに挑む

ISM 9月7日(水)15時13分配信

 米男子ツアーとウェブ・ドットコム・ツアー(下部ツアー)の入れ替え戦である“ウェブ・ドットコム・ツアー・ファイナルズ”第1戦 DAP選手権が、現地時間8日にオハイオ州のカンターベリーGCを舞台に開幕。岩田寛、金庚泰(韓)が来季のレギュラーツアーシード権をかけて参戦する。

 計4試合で争われるツアー・ファイナルズは、レギュラーツアーのフェデックスカップ・ポイントランキング126位~200位までの75選手、そして下部ツアーの賞金ランキング上位75選手の計150名が出場。4試合での合計賞金額で上位25名に入った者だけが来季レギュラーツアーのシード権を獲得する。

 昨年10月から米国ツアーに参戦した岩田は、成績が振るわず来季シード権を獲得できなかったため、2年連続入れ替え戦へ出場。昨年はファイナルズの賞金ランキング12位の資格で出場権を手にしたが、2月の「AT&Tペブルビーチ・プロアマ」で4位に入ったほかは目立った成績はない。入れ替え戦に出場しながら、来季の日本ツアーのシード権を保持するために(年間5試合出場義務を消化)日米を往復するハードスケジュールが強いられる。

 また、日本ツアーを主戦場としている金庚泰は今季、全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権のメジャー大会など米ツアー全7試合にスポット参戦。WGC-ブリヂストン招待で21位タイに入るなどの活躍で、フェデックスランキング200位以内相当のポイントを稼ぎ、入れ替え戦の出場権を手にした。2010年に韓国人選手として初めて日本男子ツアーの賞金王になった金庚泰が米ツアーに挑む。

 その他にも、2015年全米アマ王者のブライソン・デシャンボー(米)や今季の全英オープン8位に入り“ビーフ”の愛称で親しまれているアンドリュー・ジョンストン(英)、今季下部ツアーで3勝を挙げているウェズレイ・ブライアン(米)、ツアー4勝のカミロ・ビジェガス(コロンビア)ら話題の選手も多く出場。レギュラーツアーとは違った緊張感の中でのプレーに注目だ。

最終更新:9月7日(水)15時34分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]