ここから本文です

G.ヒューズとJ.ボナマッサ、ブラック・カントリー・コミュニオンの新曲の制作開始

BARKS 9月11日(日)16時51分配信

グレン・ヒューズとジョー・ボナマッサが今週、LAにあるヒューズのホーム・スタジオでブラック・カントリー・コミュニオンの新曲の制作をスタートしたそうだ。

◆ブラック・カントリー・コミュニオン画像

ブラック・カントリー・コミュニオンの新作は2012年の3rdアルバム『Afterglow』以来となる。

バンドは2013年にボナマッサが脱退したことで終わりを迎えたものの、この春、突然、復活宣言。2017年に新作の発表とツアーの開催を計画している。

ブラック・カントリー・コミュニオンの活動を再開することになった経緯を、ヒューズは『Metalized』誌にこう話していた。「2月、俺は『Billboard』誌の編集者Gary Graffからインタビューを受けていて、ブラック・カントリーをやった後、俺はもうバンドをやる気はしないって話をしてたんだ。俺らが作った3枚のアルバムのレガシーはとてつもなくでかいし、あのバンドではメンバーの関係がすごく良かったからな。俺は、ブラック・カントリー・コミュニオンが俺の最後のバンドになるだろうって言ったんだよ。そしたら、3週間後、ジョー・ボナマッサから飯食おうって電話があった。なんでだか、全くわからなかった」

「俺らは友達だ。いつだってそうだ。俺らは友達じゃないって思っている人達もいるがな。彼から、「なあ、俺ら、また一緒に素晴らしいアルバムを作るときが来たって思わないか?」って言われたんだ。俺は“ああ、思うよ。これが、俺がプレイする最後のバンドだって知ってるか?”って答えた」

ヒューズは、月曜日(9月5日)ボナマッサとスタジオで撮影した写真をSNSで公開している。

ヒューズは、ブラック・カントリー・コミュニオンの活動を本格的に再開する前、11月にソロ・アルバム『RESONATE』をリリースする。

Ako Suzuki

最終更新:9月11日(日)16時51分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。