ここから本文です

水害の日、日経平均株価の記録的な大幅上昇はなぜ起きたのか

投信1 9/7(水) 20:20配信

2016年は台風の当たり年? 上陸数は既に12年ぶりの多さ

今年2016年は8月に入ると、発生した台風が続々と日本へ上陸するシーンを見るようになりました。まだ台風シーズンは中盤に差しかかったばかりですが、日本に上陸した台風の数は既に5個となりました(9月5日現在)。これは2004年(10個)以来の多さです。

また、直近40年間に上陸した台風の数を見ても、1990年と1993年(ともに6個)に次いで、1989年(5個)に並ぶ水準となっています。2004年が異常に多かったのは確かなようですが、もしかすると、最終的に2016年はそれに迫る可能性がありそうです。

台風が襲来すると、必ずと言っていいほど起きるのが水害です。今年も北海道や東北地方など、北日本で起きた水害は甚大な被害をもたらしました。また、台風の直接的な影響を受けなくとも、他の低気圧が刺激されて起きる間接的な水害も、非常に大きな被害をもたらすケースも多く見られます。

ちょうど1年前に起きた印象的な豪雨水害

ちょうど1年前の今頃、正確に言えば2015年9月9日に起きた深刻な豪雨水害を覚えているでしょうか?  鬼怒川の堤防が決壊して死者8人を含む甚大な被害をもたらした「平成27年9月関東・東北豪雨」です。鬼怒川の濁流が街並みを飲み込むように襲ったあの光景は、テレビで見ていても信じられないようなシーンでしたので、ご記憶にある方も多いのではないでしょうか。

あの堤防決壊シーンを見ていて感じたのは、溜まったエネルギーが発散する時の凄さです。当時の堤防がやや脆弱だったことを考慮しても、それが決壊するということは、濁流に相当なエネルギーがあったと考えられます。こうして溜まったエネルギーが発散して起きる災害を、事前に予測するのは難しいのかもしれません。

昨年の豪雨水害が発生した日、株式市場は記録的な大幅上昇

ところで、その豪雨水害と同じ日に、株式市場でも大きな動きがありました。2015年9月9日、この日の日経平均株価は記録的な大幅上昇となりました。前日比の上昇幅+1,343円は歴代第6位、上昇率+7.7%は歴代第9位となっています。いずれもリーマンショック後で見れば第1位の数字です。株式市場は大騒ぎとなりました。

1/2ページ

最終更新:9/7(水) 20:20

投信1