ここから本文です

【全日本社会人】高卒ルーキー・渡辺勇大が2冠達成!<準決・決勝戦>

バド×スピ!/バドミントン・マガジン 9月7日(水)17時12分配信

9月7日に開催されたバドミントンの全日本社会人(愛知・一宮市総合体育館)は、各種目の準決勝・決勝戦が行なわれた。

男子シングルスは、日本A代表の坂井一将(日本ユニシス)が3連覇を達成。決勝戦では同B代表の下農走(トナミ運輸)をストレートで破り、貫禄の優勝を飾った。女子シングルスは混戦を勝ち抜いた鈴木温子(ヨネックス)がシングルスで初V。今年5月の日本ランキングサーキットでは4強に終わっていたが、持ち味のねばり強さを発揮して頂点に立っている。

男子ダブルスでは、リオ五輪8強の遠藤大由(日本ユニシス/ペアは早川賢一)が、今回はルーキー・渡辺勇大とのペアで決勝に進出。その決勝では、昨年の全日本総合覇者で日本A代表の園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)にストレート勝ち。新たな可能性を感じる優勝となった。
女子ダブルスは、日本ランキングサーキットで一度ペアを離れていた福島由紀/廣田彩花(再春館製薬所)が再結成のV。混合ダブルスも優勝候補の渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)が実力を発揮して初優勝を手にしている。

なお、渡辺勇大は男子ダブルス、混合ダブルスと合わせて2冠を達成している。

準決勝、決勝の成績は以下の通り。

【男子シングルス】
優 勝:坂井一将(日本ユニシス)
準優勝:下農走(トナミ運輸)
3 位:常山幹太(トナミ運輸)
3 位:上田拓馬(日本ユニシス)

【女子シングルス】
優 勝:鈴木温子(ヨネックス)
準優勝:齋藤栞(ACT SAIKYO)
3 位:高橋沙也加(日本ユニシス)
3 位:星千智(日本ユニシス)

【男子ダブルス】
優 勝:遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)
準優勝:園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)
3 位:井上拓斗/金子祐樹(日本ユニシス)
3 位:島田 大輝/竹内 義憲(ヨネックス)

【女子ダブルス】
優 勝:福島由紀/廣田彩花(再春館製薬所)
準優勝:新玉美郷/渡邉あかね(NTT東日本)
3 位:前田美順/山口茜(再春館製薬所)
3 位:栗原文音/東野有紗(日本ユニシス)

【混合ダブルス】
優 勝:渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)
準優勝:井上拓斗/栗原文音(日本ユニシス)
3 位:竹内義憲/高畑祐紀子(ヨネックス)
3 位:金子祐樹/篠谷菜留(日本ユニシス)

バドミントン・マガジン編集部

最終更新:9月7日(水)17時12分

バド×スピ!/バドミントン・マガジン