ここから本文です

日産、新型「GT-R」マフラーにチタン合金標準採用-新日鉄住金の「スーパータイエックス10CU」

日刊工業新聞電子版 9月7日(水)11時33分配信

ステンレスより軽く、耐熱性も優れる

 新日鉄住金のチタン合金「スーパータイエックス10CU」が日産自動車の新型スポーツカー「GT-R」の排気系部品のマフラー(写真)に採用された。4輪車用マフラーの主要素材であるステンレスより軽くできる点や加工のしやすさ、耐熱性などが評価された。GT-Rでは過去にオプションでチタンを選べたが、標準装備されたのは今回が初めて。

 スーパータイエックス10CUはチタンに銅を1.0%添加し、酸素を低減した独自のチタン合金。純チタンと同等の加工性を持ちつつ、高温環境下での強度に優れる。

最終更新:9月7日(水)11時40分

日刊工業新聞電子版