ここから本文です

カンザック、福井工場のめっきライン増設

鉄鋼新聞 9/7(水) 6:00配信

 古河電工グループの電線・めっきメーカーであるカンザック(本社・大阪市北区、社長・墨谷義則氏)は2016年度内をめどに、福井工場(福井県坂井市)で銅板条などのめっきラインを増設する。現在は15本の基材を連続でコーティングできる能力を有しているが、今後は4本増える。銅条などへのめっき能力は3~4割高まる見通し。現在需要が好調で生産は繁忙。設備の増設で対応する。

 設備投資で生産負荷の低減に加えて、製品構成の高付加価値化も推進する。新ラインでは車載電子部品向けに加えて、民生機器関連の需要も増産。
 車載では古河電工グループが製造するエアバッグを作動させる電子部品SRC(ステアリング・ロール・コネクタ)の端子などで需要がある。新ラインではSRCの端子部分的へのリフロ錫めっきなどを施す予定。併せて現在開発を進めている新たなめっき皮膜品の生産にも活用する計画。新ラインは17年1~3月期に立ち上がる予定となっている。
 同社では今年度約1億円の設備投資を計画している。

最終更新:9/7(水) 6:00

鉄鋼新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。