ここから本文です

錦織 マレーとの全米OP準々決勝前日は1時間半の練習<男子テニス>

tennis365.net 9月7日(水)1時50分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は6日、第6シードの錦織圭(日本)がプラクティス・コート1で10時45分から12時15分まで練習を行い、翌日に対戦する第2シードのA・マレー(英国)との男子シングルス準々決勝に備えた。

【錦織vsマレー 1ポイント速報】

この日の前半は若手選手と打ち合い、後半はコーチのM・チャン(アメリカ)による球出しのストローク・ドロップショット・スマッシュなどを入念にチェックした。

準々決勝で対戦するマレーとは今回が9度目の対戦で、錦織の1勝7敗。リオデジャネイロ・オリンピックの準決勝では完敗している。

世界ランク2位のマレーは、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)・全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)・ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)でグランドスラム3大会連続の決勝進出を果たし、ウィンブルドンでは3年ぶり2度目の優勝を飾った。

さらに2012年のロンドンオリンピック(イギリス/ロンドン、芝)に続きリオデジャネイロ・オリンピックでも金メダルを獲得し、男子シングルスで史上初の五輪連覇を成し遂げている。

一方、錦織は1・2・3回戦まで1セットを落とす苦しい展開を強いられたが、第21シードのI・カルロビッチ(クロアチア)との4回戦では今大会初のストレート勝ちをおさめた。


【錦織vsマレー 過去の対戦成績】

<2016年>
リオデジャネイロ・オリンピック準決勝 A・マレー 6-1, 6-4 錦織圭

デビスカップ A・マレー 7-5, 7-6 (8-6), 3-6, 4-6, 6-3 錦織圭


<2015年>
ロジャーズ・カップ準決勝 A・マレー 6-3, 6-0 錦織圭

ムチュア・マドリッド・オープン準決勝 A・マレー 6-3, 6-4 錦織圭


<2014年>
ATPツアーファイナル予選 錦織圭 6-4, 6-4 A・マレー


<2013年>
ブリスベン国際準決勝 A・マレー 6-4, 2-0 途中棄権 錦織圭


<2012年>
全豪オープン準々決勝 A・マレー 6-3, 6-3, 6-1 錦織圭


<2011年>
上海マスターズ準決勝 A・マレー 6-3, 6-0 錦織圭

tennis365.net

最終更新:9月7日(水)3時42分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。