ここから本文です

C・ロナウド不在の欧州王者ポルトガル、敵地でスイスに完敗 まさかの黒星スタート

theWORLD(ザ・ワールド) 9/7(水) 5:41配信

堅守スイスを崩せず

現地時間6日、2018年FIFAワールドカップ欧州予選のグループB第1節が行われ、スイスとポルトガルが対戦した。試合はスイスのホーム、ザンクト・ヤコブ=パルクで開催された。クリスティアーノ・ロナウドを欠くポルトガルは、22歳のベルナルド・シルバら若手メンバーが先発出場した。

序盤、ボールを保持してスイスのゴール前まで攻め込んだEURO2016チャンピオンのポルトガルだったが、ホームで戦うスイスに先制ゴールを奪われる。24分、ペナルティエリア手間、やや右の位置でFKを獲得したスイスは、リカルド・ロドリゲスが強烈なシュートを蹴りこむ。GKルイ・パトリシオが反応し弾き出すも、こぼれたボールをブレール・エンボロが押し込んで先取点を決めた。

さらに30分、スイスのカウンターが冴える。MFメーメディの縦パスを受けたFWセフェロビッチが、タッチライン際の深い位置からゴール前に折り返しのクロスを送り込む。再びボールを受けたメーメディはワントラップからゴール右隅にシュートを突き刺してリードを2点差に広げる。

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督は後半立ち上がり、2枚代えでチームにショックを与えようとする。FWエデルに代えてFWアンドレ・シウバ、MFウィリアム・カルバーリョに代えてMFジョアン・マリオをピッチに送り出す。だが、ボールを支配して押しこむ展開が続くもスイスの守備網を崩し切れない。82分にはナニがヘディングシュートを放つも、右ポストを直撃し、点差を詰めることができないまま試合終了を迎えた。

ホームで戦うスイスは少ないチャンスから得点を奪いきり、EURO王者のポルトガルを相手に2-0で勝利した。初戦を落としたポルトガルにとっては厳しい黒星スタートとなった。

[メンバー]
スイス:ゾマー、リヒトシュタイナー(→ビトマー 69)、ジュルー、シェア、R・ロドリゲス、ベーラミ、ジャカ、エンボロ、ジェマイリ(→フェルナンデス 89)、メーメディ、セフェロビッチ(→デルディヨク 78)

ポルトガル:ルイ・パトリシオ、セドリク、ペペ、フォンテ、R・ゲレイロ、ウィリアム・カルバーリョ(→ジョアン・マリオ 46)、モウティーニョ(→クアレスマ 68)、アドリエン・シウバ、ナニ、ベルナルド・シルバ、エデル(→アンドレ・シルバ 46)

[スコア]
スイス 2-0 ポルトガル

[得点者]
スイス:エンボロ(24)、メーメディ(30)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/7(水) 5:41

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。