ここから本文です

取材の仕方、記事の書き方学ぶ 25日、さいたまで市民記者講座

埼玉新聞 9/7(水) 10:02配信

 市民からの情報発信を進めようと、取材の仕方や記事の書き方を学ぶ「市民記者養成講座」が25日、埼玉県さいたま市岩槻区の岩槻駅東口コミュニティセンターで開かれる。

 記事を書く上でポイントとなる取材の基礎をはじめ、伝え方の技術、写真の撮り方などを講座と実地で研修する。NPO埼玉情報センターと、さいたま市市民協働推進課が共催、埼玉新聞社協力。講座修了者は、同市の市民記者として登録されるほか、埼玉新聞タウン記者の道も開ける。

 当日は、国の登録文化財にも指定された見世蔵(店蔵)を活用した街づくりの取り組みを実際に取材する。午前10時半から午後5時まで。受講料千円。さいたま市在住、在勤、在学者。筆記用具、デジタルカメラを持参する。定員20人(申し込み先着順)。

 申し込み・問い合わせは、埼玉情報センター(さいたま商工会議所会館7階イーシティ埼玉内、048・710・6610)へ。

最終更新:9/7(水) 10:02

埼玉新聞