ここから本文です

瑞陵スチール、厚物対応シャー導入へ

日刊産業新聞 9月7日(水)15時16分配信

 瑞陵スチール(本社=名古屋市瑞穂区、長谷謙一社長)は今期(2016年9月期)、年間扱い量が8万トン強と前期比微増となり、経常損益も黒字を継続する方向だ。来期も年間8万トン以上の扱いを目指す。加工については厚物対応を図るため、東海工場(愛知県東海市)に厚み9―12ミリまで対応できるオートシャーの導入を検討していく。

最終更新:9月7日(水)15時16分

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]