ここから本文です

謎の第9惑星の探せ! すばる望遠鏡で国際チームが観測へ

sorae.jp 9月7日(水)10時52分配信

ハワイ島のマウナ・ケア山にある、光学赤外線望遠鏡「すばる」。その大きな主鏡でこれまでもさまざまな成果を上げてきましたが、今回同望遠鏡は新たに未発見の「第9惑星」の探索のために利用されることが発表されました。
 
すばるで探索に当たるのは、国立天文台と米研究者による合同チームです。実は第9の惑星は冥王星が「準惑星」に再配置されたとき以来、その存在が確認されていません。海王星の外側を非常に大きな公転周期でまわる「惑星X」とも呼ばれるこの惑星について、今後調査が行われるのです。
 
また、この第9惑星については全く手がかりが無いわけではありません。これまでもアメリカの研究者が他の天体の動きから、大質量の第9惑星が太陽を周回していることを指摘していました。また、第9惑星は地球の2倍~4倍の直径と10倍の質量を持つ、ガスに覆われた氷の天体であるとの予測もあります。
 
今後、合同チームは9月末~10月初頭に最初の観測を行います。また観測には、すばるの広視野角カメラが利用される予定です。一度はメンバーの少なくなった太陽系の惑星ですが、今後新たな仲間がくわわることを楽しみにしたいですね。

最終更新:9月7日(水)10時52分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]