ここから本文です

新家工業、9月出荷から普通鋼鋼管5000円上げ

鉄鋼新聞 9/7(水) 6:00配信

 新家工業(社長・澤保氏)は、中小径角形鋼管や丸パイプ(STK、STKM)といった普通鋼鋼管を9月出荷分からトン当たり5千円の値上げをしていく。母材コイルの値上がりを転嫁するのが狙いで、さらに母材価格が上昇すれば再値上げも検討していく。また同時に丸角の化粧管や形鋼などステンレス製品についても値上げしていく。

 普通鋼鋼管は、内需の低迷や海外市況の軟化などにより2年間製品価格が下落してきた。価格の下落はここにきてようやく落ち着いているが、7月からは母材コイルが値上がりし、自助努力だけでは吸収が困難であることから、価格是正への客先理解を求めていく。
 他の鋼管メーカーも同様に値上げを表明している状況。同社も一部向け先については、すでに価格是正を進めており、これを全体に浸透させ、採算の改善を図っていく。

最終更新:9/7(水) 6:00

鉄鋼新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。