ここから本文です

【動画解説】台風13号 本州接近へ 大雨に警戒を

ウェザーマップ 9/7(水) 13:54配信

ウェザーマップ

 台風13号は、あす8日にかけて本州南岸を東へ進みます。温帯低気圧に変わる見込みですが、大雨には警戒が必要です。

 台風が東向きにほぼ一直線に進むのは、上空の強い西風(偏西風)に流されるためです。この強い西風が、台風周辺の風を乱し、温帯低気圧に形が変わる一因となります。

 ただ、台風の形が変わることで、雨雲が北へ広がり、本州付近にも活発な雨雲がかかってきます。近畿では今夜、東海や関東甲信ではあす日中にかけて、一時的に激しい雨の降るところが出てきます。
 あすの午後からは北日本にも雨雲が広がり、先週大雨となった岩手県でもあす夜は激しい雨の降るおそれがあります。

 また、太平洋沿岸には、台風の高波が押し寄せるため、慎重な行動をお願いします。(気象予報士・増田雅昭)

最終更新:9/7(水) 15:46

ウェザーマップ