ここから本文です

玄海原発も特別点検 九電、佐賀県と町に意向伝達

佐賀新聞 9/7(水) 11:44配信

 九州電力は6日、川内原発(鹿児島県)で実施する予定の「特別点検」に関連して、玄海原発3、4号機(佐賀県東松浦郡玄海町)でも同様の点検を実施する意向を佐賀県と玄海町に伝えた。点検内容は「川内をベースに、玄海の特質に合わせた内容」との認識で、実施時期についても「(川内から)そう遅れずに点検したい」との考えを示した。

 山元春義取締役が、鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事からの川内原発の一時停止要請に応じなかった九電の回答を佐賀県と玄海町に説明に訪れた際、明らかにした。

川内後「再稼働の不安解消」

 山元取締役は「これまでは発電所が安全に運転するための点検をしてきたが、住民の不安解消のために踏み込んだ点検が必要」と、再稼働へ向け県民の理解を求める姿勢を強調した。鹿児島県知事の要請に対して車両の追加配備などを打ち出した避難支援に関しても「どういう形でできるのか(自治体と)協議したい」と述べた。

 佐賀県庁で対応した山口康郎県民環境部長は「(玄海原発の)実情に合わせた対応を(自治体と)相談しながらやっていただきたい」と求めた。

 面談後、取材に応じた山元取締役は「(川内と)玄海は地盤や場所、プラントや配置も違う。いろんなことを考えて有効な特別点検を実施したい」と答えた。

 川内原発の特別点検は、10月以降の定期検査に合わせて実施する。40人程度の「総点検チーム」を設置し、原子炉容器内の異物の混入や変形の有無、配管のずれ、ボルトの緩みなど鹿児島県側の要請を踏まえた10項目をチェックする。

 特別点検について玄海町の岸本英雄町長は「稼働中の原発を停止する川内と違い、玄海は稼働していない。点検をするのならどうぞやってくださいというだけ」と冷静に受け止めた。「規制庁の審査段階でわれわれがとやかく口を挟む問題ではない。まずは新規制基準に見合うことが大事」と語った。

最終更新:9/7(水) 11:44

佐賀新聞