ここから本文です

ディーン・フジオカ、新CMで家事シェルジュ再び。「ツボ過ぎて鼻水」「まじでうち来て欲しい」

E-TALENTBANK 9月7日(水)17時19分配信

ディーン・フジオカのダスキン新TVCM第三弾『家事も余暇もお任せを』篇が先日より、放送されている。

新CMでは前作に引き続き、家事+コンシェルジュの造語である“家事シェルジュ”であるディーンが、執務室にて、大事な話があると神妙な面持ちで打ち明けてくる。彼の大事な話とは、ダスキンのキャンペーンのことで、家事だけでなく、余った時間の使い方まで自分に任せてほしいと言い、キャンペーン内容の一部を紹介しながら、より「詳しいお話はWEBで」と誘引するという内容だ。

現在、ダスキンでは、モップや浄水器、ハウスクリーニングや家事代行サービスなど、様々な商品・サービスのご契約者様を対象としたキャンペーン「Try!ダスキン あなたを癒すプレゼントキャンペーン」を実施中。ダスキンの商品・サービスで、家事を便利に、ラクにして、さらに抽選で当たるキャンペーン賞品で、家事による日常の疲れを癒してもらおうというコンセプトだ。

ディーンの“家事シェルジュ”は、今年3月から放送されている人気CMで、これを見た視聴者からは「家事シェルジュでディーン様が来てくれるならいくらでも積む」「ディーン家事シェルジュまじでうち来て欲しい…」「もし家に本当に来たら‥恥ずかしくて、家の中は見せられない」「家事シェルジュのおディーン様がツボ過ぎて鼻水出た」とSNSで感想が上がっている。

最終更新:9月7日(水)17時19分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。