ここから本文です

札幌~トマム間に臨時特急 さらにバス、臨時快速で釧路までの足確保 JR北海道

乗りものニュース 9月7日(水)15時40分配信

9月8日から当面のあいだ運行

 JR北海道は2016年9月7日(水)、台風の大雨により根室本線の複数箇所で橋梁(きょうりょう)や路盤が流出し不通になっていることに伴い、臨時列車と代行バスを運行すると発表しました。期間はあす9月8日(木)から当面のあいだ。運行区間や列車、バスの詳細は次のとおりです。

国内鉄道路線の動向一覧〈北海道~中部編〉

●札幌~トマム間:臨時特急列車
・下り札幌発7時54分、11時53分、14時16分
・新札幌、南千歳、追分、新夕張、占冠駅に停車
・乗車券のほか特急券が必要
・全席禁煙。車内販売なし
・グリーン車を除き全車自由席。グリーン券は車内でのみ発売

●トマム~帯広間:代行バス
・途中停車なし
・車内禁煙

●帯広~釧路間:臨時快速列車(特急用車両を使用)
・上り釧路発8時23分、10時37分、14時50分
・池田、浦幌、白糠駅に停車
・全席禁煙。車内販売なし
・グリーン車を除き全車自由席。グリーン券は車内でのみ発売

 臨時特急列車、代行バス、臨時快速列車はいずれも1日3往復で、トマム駅ならびに帯広駅において接続します。札幌~釧路間を乗り継いで利用した場合の所要時間は、5時間半から6時間程度です。

 JR北海道は根室本線について「少なくとも11月末まで運転再開は困難」としており、札幌~帯広、釧路間を結ぶ特急「スーパーとかち」「スーパーおおぞら」も全区間、全列車を運休としています。

 なお、路盤流出や盛土崩壊が発生した石北本線では、不通区間を含む上川~遠軽間で、臨時バスが1日あたり下り2本、上り3本で運行されています。

乗りものニュース編集部

最終更新:9月7日(水)18時55分

乗りものニュース