ここから本文です

男女の1部リーグ第2戦が終了 [関西大学テニスリーグ]

THE TENNIS DAILY 9/7(水) 3:59配信

「平成28年度 関西大学対抗テニスリーグ戦」(1部:9月4~12日/大阪府・江坂テニスセンター)の男女1部リーグ第2戦が、9月5日(月)から6日(火)にかけて行われた。

竹元佑亮(関西大3年)と樋口菜穂子(大阪大2年)が優勝、竹元は夏季大会2連覇 [H28夏季関西学生]

 関西1部リーグは通常、男女6校ずつで構成され、総当たり戦を行い、上位各2校が「全日本大学対抗テニス王座決定試合」(10月12~16日/有明テニスの森公園テニスコート)の出場権を獲得するルールとなっている。

 しかし、今年度は男子において関西学院大学が出場を辞退したため、5校で争われることになった。今リーグ戦で1位から5位を決定し、6位が関西学院大学となる。

 また、2部リーグとの入れ替え戦においては、関西学院大学は1部から2部へ自動降格となり、2部1位校は1部へ自動昇格となる。1部5位校と2部2位校が入れ替え戦を行う。

     ◇   ◇   ◇

試合結果

<男子1部リーグ>

第2戦(9月5日、6日)

○関西大学(2勝)6-3 ●近畿大学(1勝1敗)
(複 2-1、単 4-2)

D1 ○中村侑平/矢多弘樹 6-7(5) 6-4 6-1 ●高木智/長谷川聡
D2 ○染矢和隆/林大貴 6-4 7-6(4) ●小野和哉/矢ノ川歩
D3 ●島田達也/高村烈司 3-6 4-6 ○保々皓祐/恒松優也
S1 ○竹元佑亮 6-0 7-6(5) ●長谷川聡
S2 ○柴野晃輔 2-6 6-4 6-2 ●高木修
S3 ○中村侑平 6-1 6-1 ●小野和哉
S4 ●加藤隆聖 4-6 5-7 ○恒松優也
S5 ●矢多弘樹 6-3 3-6 4-6 ○松本樹
S6 ○林大貴 6-3 6-3 ●西川徹哉

------------

○同志社大学(1勝1敗)7-2 ●甲南大学(1敗)
(複 2-1、単 5-1)

D1 ○増尾怜央楠/飯島啓斗 6-1 6-2 ●吉田有宇哉/福嶋航大
D2 ○佐伯遼/伊達祐太朗 3-6 7-5 6-4 ●中条智矢/石宇健人
D3 ●前川尚輝/中山僚 4-6 6-7(5) ○岡田岳/稗島啓司
S1 ○増尾怜央楠 3-6 6-3 6-1 ●中条智矢
S2 ○岩田三四郎 3-6 6-3 6-3 ●吉田有宇哉
S3 ○飯島啓斗 6-2 5-7 6-3 ●高島基
S4 ●前川尚輝 6-7(5) 6-4 1-6 ○稗島啓司
S5 ○佐伯遼 6-3 6-4 ●石宇健人
S6 ○佐伯峻 6-1 6-3 ●森匡

------------------------

<女子1部リーグ>

第2戦(9月6日)

○園田学園女子大学(2勝)5-0 ●立命館大学(2敗)
(複 2-0、単 3-0)

D1 ○桐畑和佳/渡辺はるか 7-5 3-6 6-3 ●井手満美子/井上真理菜
D2 ○則信ゆめ/木村優布子 6-1 7-5 ●江間美佑/上杉南
S1 ○加治遥 6-3 6-1 ●古賀千遥
S2 ○小池颯紀 6-0 7-6(2) ●川島愛
S3 ○大石歩美 6-3 6-4 ●上杉南

------------

○関西学院大学(2勝)5-0 ●同志社大学(2敗)
(複 2-0、単 3-0)

D1 ○山本澪/栗本麻菜 6-4 6-1 ●玄田紗也果/池内七夕
D2 ○松井くるみ/観音堂万友 6-3 6-3 ●釜江玲奈/川合希
S1 ○伊藤遥 6-3 6-4 ●池内七夕
S2 ○前田友花 6-2 6-2 ●玄田紗也果
S3 ○窪村有真 6-2 6-3 ●川合希

------------

○関西大学(2勝)4-1 ●関西外国語大学(2敗)
(複 1-1、単 3-0)

D1 ●畑守美里/河内ほのか 6-3 2-6 3-6 ○松田七菜子/山田紗矢香
D2 ○田尻千晴/筒井八雪 6-3 6-1 ●岡本聖奈/萩尾優衣
S1 ○畑守美里 6-4 6-3 ●松田七菜子
S2 ○沈清河 6-1 6-1 ●岡本聖奈
S3 ○筒井八雪 6-0 6-1 ●吉井万由子

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/8(木) 0:03

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]