ここから本文です

第2シードのケルバー 全米OP5年ぶりのベスト4進出<女子テニス>

tennis365.net 9月7日(水)4時20分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は6日、女子シングルス準々決勝が行われ、第2シードのA・ケルバー(ドイツ)が第7シードのR・ビンチ(イタリア)を7-5, 6-0のストレートで下し、5年ぶり2度目のベスト4進出を果たした。

【全米オープン対戦表】

この試合、ケルバーは第10ゲームでビンチのサービング・フォー・ザ・セットを迎えるも、ブレークバックに成功。さらに第11・第12ゲームも連取し、54分で第1セットを先取する。

第2セットに入るとケルバーの勢いは止まらず、1ゲームも与えずに1時間17分で勝利した。

準決勝では、C・ウォズニアキ(デンマーク)とA・セバストバ(ラトビア)の勝者と対戦する。

一方、敗れたビンチは、昨年の全米オープン準決勝でS・ウィリアムズ(アメリカ)を破ると同時に「年間グランドスラム」を阻止し、四大大会のシングルスで初の決勝進出を果たした。

tennis365.net

最終更新:9月7日(水)5時31分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。