ここから本文です

台風13号と前線 全国的に大気不安定 大雨のおそれ

ウェザーマップ 9/7(水) 17:13配信

 台風13号や前線の影響で、8日にかけて南西諸島から北日本の広い範囲で非常に激しい雨が降り、北日本は9日も大雨となる所がある見込み。土砂災害に厳重に警戒するとともに、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。

 台風13号は今後、北東に進み、8日朝までに東海道沖で温帯低気圧に変わる見通し。台風から変わった低気圧は、9日にかけて東日本から北日本を通過する予想となっている。

<大雨>

 台風や低気圧の接近に伴い前線の活動が活発となり、大気の状態が非常に不安定となる。8日にかけて南西諸島から北日本の広い範囲で、雷を伴い1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降るところがある見込み。土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。落雷や、竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。
 
 8日夕方までに予想される雨量(多い所)
  近畿           250ミリ
  関東甲信、東海、沖縄   150ミリ  
  北陸           120ミリ 
  四国、奄美        100ミリ
 
 なお、北日本は9日にかけても、大雨となる所がある。東北や北海道の多い所で、8日夕方からの24時間で100~150ミリの雨が降る見込み。これまでの台風等による大雨で被災した地域では、地盤の緩んでいる所や増水している河川がある。今回の雨で土砂災害や、洪水の危険度が再び高まるおそれがあるため、屋外での作業等には十分な注意が必要だ。

<強風・高波>

 台風が接近する東海、伊豆諸島、関東の海上では、非常に強い風の吹く所があり、海はうねりを伴いしける見込み。東北太平洋側の海上では、8日昼過ぎから9日はじめにかけて暴風となり、海はしける。北海道の海上でも非常に強い風が吹き、海はしける予想となっている。

最終更新:9/7(水) 17:13

ウェザーマップ