ここから本文です

エマ・ストーン、ライアン・ゴズリングの素顔を語る

ELLE ONLINE 9月7日(水)20時38分配信

2011年の映画『ラブ・アゲイン』、2013年の『L.A. ギャング ストーリー』に続いて『La La Land(原題)』で3度目の共演を果たしたエマ・ストーンとライアン・ゴズリング。エマは2度目の共演のとき、周りからライアンについて警告されたとか。最近のインタビューで「『L.A. ギャング ストーリー』のときのライアンとのオーディションは素晴らしかった。みんなに『ライアンには気をつけたほうがいい。彼は気難しくて、要求が多いから』って言われていたの」とか。でもエマ曰く「『本当?』って感じだった。私と一緒のときのライアンはとても静かな人なの。私たちはあの作品以来、いい相棒なのよ」とか!

ちなみに今回の『La La Land』はミュージカル映画! ヴェネツィア国際映画祭ではすでに上映されて非常に好評。今年の賞レースにからんでくるのは確実、と言われているとか。エマは「この作品は私にとって我が家に帰るような感じだった。小学校一年生に出演したミュージカルが私にとって初めての演技なの。ミュージカルのせいで私は演技に恋をしたのよ」と語っているそう!

女優になるきっかけになったミュージカルで、しかもいい相棒ライアンとの共演作とくれば素晴らしい出来栄えなのも納得。日本での公開に期待したい!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:9月7日(水)20時38分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。