ここから本文です

ミャンマー入りのアナン前国連事務総長、仏教徒らから罵声浴びる

AFPBB News 9/7(水) 10:49配信

(c)AFPBB News

【9月7日 AFP】ミャンマー西部ラカイン(Rakhine)州で6日、イスラム教徒の少数民族ロヒンギャ(Rohingya)人数万人に避難を強いた宗教紛争の現状を調査に訪れた前国連(UN)事務総長のコフィ・アナン(Kofi Annan)氏に対して、強硬派の仏教徒ら数百人が罵声やブーイングを浴びせた。

 アナン氏は、ミャンマー新政権を事実上率いるアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)氏に委任され、深刻な分裂および貧困にあえぐ同州の傷を癒やす方法を探るために現地入りした。

 バングラデシュとの国境に位置するラカイン州では2012年以降、仏教徒のラカイン人とイスラム教徒のロヒンギャ人の間で激しい衝突が相次いでいる。これまでに殺害された100人以上の大半はイスラム教徒。また数万人のロヒンギャ人が国籍を与えられないまま、医療など基本的サービスを欠く荒れ果てた避難民キャンプで生活している。

 今年3月に国民民主連盟(NLD)による政権が発足して以来、爆弾となりかねないロヒンギャ問題にしっかりと踏み込まず、人権団体から批判を浴びているスー・チー氏は先月、アナン氏を問題解決のための諮問委員会の委員長に起用していた。

 しかし6日朝、ラカイン州の州都シットウェ(Sittwe)の空港に降り立ったアナン氏に対し、地元の仏教徒らは敵意をあらわにし、「偏見をもつ外国人がラカイン州のことに介入をするな」などと書かれたプラカードを掲げるとともに、「コフィ率いる委員会はいらない」などとの罵声やブーイングを浴びせた。AFPの取材に対して仏教徒らは、アナン氏がラカイン州を離れる7日にも抗議をすると述べた。(c)AFPBB News

最終更新:9/7(水) 11:43

AFPBB News