ここから本文です

嵐からの応援メッセージ動画を会場限定公開!熊本地震復興イベントで、1万人の「ふるさと」大合唱

E-TALENTBANK 9月7日(水)17時40分配信

9月18日(日)に熊本県天草市で熊本地震復興祈願チャリティイベント「ONE KYUSHU FES」が開催される。

この日は、作家・小山薫堂が故郷を想い書いた嵐の楽曲「ふるさと」を、熊本地震で被災された地域の子どもたちや日本国内外からの来場者総勢1万人で大合唱する予定。この1万人の合唱を復興の狼煙とし、熊本県内の各地をはじめ、九州の未来への力強い一歩を、合唱を通して世界に発信していく。

当日は、嵐からの応援メッセージ動画を会場で限定公開し、動画内の嵐とともに会場の1万人が一つになって「ふるさと」を大合唱する。(嵐は動画による出演のみ)

「ふるさと」練習用の動画は公式WEBサイトにて公開されているので、事前に練習の上して当日参加しよう。

また、1万人の大合唱を彩るのは、日本全国で「竹あかり」の演出を手掛ける熊本出身「CHIKAKEN(ちかけん)」がプロデュースする復興を願う「竹あかり」。会場では、「竹あかり」に掲げる旗に来場者それぞれの未来への想いを記し、“希望の旗”を創りあげる。

「ふるさと」の合唱と「竹あかり」は、9月18日を皮切りに熊本県内で複数開催し、人々の未来への想いを記した旗をリレーしていく。その会場ごとに来場者が想いを描き“希望の旗”を創りあげ、歌声と希望のあかりとともに人々の心をつないでいくことになる。

最終更新:9月7日(水)17時40分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。