ここから本文です

大きなゴミか葉っぱの集積かと思ったら、蟻の大群だった

ギズモード・ジャパン 9月7日(水)21時40分配信

ギャーーーーー! 鳥肌立ちまくり!

こ、これ、何千匹の蟻ですか。いや、何万の単位ですか。とにもかくにも隙間もないくらい蟻だらけ。

興奮さめやらぬまま冷静に解説しますと、この蟻の大群は米国・テキサス州で見つかったものです。

蟻たちって洪水のとき、水の上で浮くためにお互いの足を口でくわえて、どんどん繋がっていって自分たちの体でボートのような塊を作るって知ってました? 蟻のサイズからすると、ちょっとした島みたいですけどね。そうして、お互いにうまく繋がって何週間もサバイブするそうですよ。

洪水が終わると、陸地に戻ってまた巣を作り始めます。ちょっとショッキングなトリビアですが、この蟻ボートを作るとき、赤ちゃん蟻は1番下の層に押し込められるそうです。そんな感じで、ちょっとダークなエンディングでお送りいたしました。

source: Great Texas Wildlife Trails

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文]

(リョウコ)

最終更新:9月7日(水)21時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]