ここから本文です

クラス分けとは? パラ陸上/切断&機能障がいアスリート編

カンパラプレス 9月7日(水)18時5分配信

 障がい者スポーツでよく耳にするものに「クラス分け」があります。ひとくちに「障がい」と言っても、腕や足などの身体、または視覚や知的発達など、障がいのある部位や種類はさまざまです。また同じ障がいでも、その程度は人それぞれ異なります。「クラス分け」は個々の障がいが競技に及ぼす影響をできるだけ小さくし、平等に競い合う為に必要な制度になります。
 陸上競技でも、障がいごとにクラスを細かく分け、競技が行われています。このページでは、陸上競技での切断&機能障がいアスリートのクラス分けをお伝えします。

T/F42クラス

1)片側もしくは両側の大腿部で切断しており義足を装着して競技するもの
2)片側の大腿部で切断しており、片足で競技するもの
3)片側の膝関節と足関節の機能を失ったもの

T/F43クラス

1)両側の下腿で切断しており義足を装着して競技するもの
2)両側の足に最小の障がい基準に定められている障がいのある立位競技者

T/F44クラス

1)片側の下腿分で切断しており義足を装着して競技するもの
2)片側の足関節の機能を失ったもの
3)片側の足に最小の障がい基準に定められている障がいのあるもの

T45クラス

1)両側の上腕部で切断している、もしくは同程度の先天性奇形のあるもの
2)両側の手に最小の障がい基準に定められている障がいのあるもの

F45クラス

両側の手に投てき競技の最小の障がい基準に定めラテレイル障がいのあるもの

T46クラス

1)両側の前腕部で切断している、もしくは同程度の先天性奇形のあるもの
2)片側の上腕部で切断している、もしくは同程度の先天性奇形のあるもの
3)片側の手に最小の障がい基準に定められている障がいのあるもの

F46クラス

片側の手に投てき競技の最小の障がい基準に定められている障がいのあるもの。

T47クラス

1)片側の前腕部で切断している、もしくは先天性奇形のあるもの
2)片側の前腕部に最小の障がい基準に定められている障がいのあるもの

*内容は「パラ陸上競技 公式ガイド」より抜粋

最終更新:9月7日(水)19時8分

カンパラプレス