ここから本文です

UNISON SQUARE GARDENが軽音部を直接サポートする新プロジェクト始動!

TOKYO FM+ 9/7(水) 18:00配信

UNISON SQUARE GARDENが9月6日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。メンバーの皆さんが、学校の軽音部を訪問し直接指導するプロジェクト「軽音LOCKS!」の始動を発表しました。
今回のプロジェクトについて、パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が意気込みを聞きました。

とーやま校長「どんな感じで指導するとか、イメージはありますか?」

斎藤「技術であったりライブ中の気の持ち方とか。田淵が曲を作っているので、“こういう風にしたらもっとよくなるんじゃない?”といアドバイスもできたらいいなと思っています」

とーやま校長「じゃあ、作りかけの曲があったら、田淵先生が一緒に考えてくれちゃうとか?」

田淵「そうですね。良くすることもできるでしょうし、悪くすることも(笑)」

とーやま校長「今まで、10代のバンドとディスカッションしたことってないですよね?」

斎藤「ないよね」

田淵「大丈夫かなぁ。自信ない。ベースは、僕教えられないですよ」

とーやま校長「そんなことないでしょ。絶対教えられるでしょ」

田淵「ベースをどうやって教えたらいいんですかね?」

あしざわ教頭「自分でやってきてるから、逆に分からないみたいなこともあるんですかね」

田淵「そうですね。もう“8時間練習しろ!”って言うかもしれませんね(笑)」

あしざわ教頭「ヤバい。 突き放されるぞ(笑)」

とーやま校長「鈴木先生としては、どういう感じになりそうですか?」

鈴木「その子を見ていいところをできるだけ探してあげて、そのいいところをいかに伸ばせるかっていうのが大事になって来るんじゃないかな、と今は思っているんですが。やはりうちには最強のプロデューサー田淵がいまして、外のお仕事としてもプロデュースっていうことをやっている人ですから、バンドのいいところを全部見つけて、それで曲のいいところを伸ばしていけたらなって思っています」


今回「軽音LOCKS!」でUNISON SQUARE GARDENが指導するのは1組のみ。ですが、訪問後もメールなどを通じ約1ヶ月にわたってそのバンドをサポートします。

「軽音LOCKS!」に応募できる条件は、以下の2点です。
●学校の軽音楽部に所属し、バンドを組んでいる10代
●オリジナルの楽曲を演奏できること

締め切りは9月30日の24時。詳細。応募については、「軽音LOCKS!」の特設サイト(http://www.tfm.co.jp/lock/2016/keion/)をご確認ください。ご応募お待ちしています。

最終更新:9/7(水) 18:00

TOKYO FM+