ここから本文です

ビール好きの夢? スロベニアに「ビールの噴水」が完成

AFPBB News 9月7日(水)11時39分配信

(c)AFPBB News

【9月7日 AFP】スロベニア中部のジャレツ(Zalec)で6日、欧州初をうたう「ビールの噴水」が完成し、一般に公開された。しかしその名の通りに泉からビールがとうとうとあふれ、好きなだけ飲むことができるという夢ような話ではない。

 ビールを飲むには6ユーロ(約680円)を払ってマイクロチップ付きのグラスを買う必要があり、それを使って5つ用意されている注ぎ口から100ミリリットル分のビールを5回注ぐことができる。

 ジャレツのヤンコ・コス(Janko Kos)市長によると、ビールの噴水は人々を泥酔させるためではなく「ビールを飲む文化を広めるため」に設置したという。

 同市はホップの原産地という顔も持ち、市長はビールの噴水が市のプロモーションにつながることを期待している。市は世界各地から問い合わせを受けており、評判は上々だという。(c)AFPBB News

最終更新:9月7日(水)11時39分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。