ここから本文です

「日本の仏教のお寺に未来はない」ある寺の大改革

AbemaTIMES 9/7(水) 14:17配信

埼玉県熊谷市にある曹洞宗のお寺、見性(けんしょう)院。このお寺は檀家(だんか)が減り、経営基盤が揺らぐに時代に、ある「変革」を起こそうとしている。

見性院は「明朗会計」を掲げ、お布施の価格を定額化した。お盆の供養や葬儀などの際に必要なお布施の価格が、その内容などによって決まっている。一般的な寺ではお布施の価格に明確な決まりはなく、公開はされていないことが多く、見性院の取り組みは仏教界では「異例」と言える。

さらに見性院は、江戸時代から続く檀家制度を4年前に廃止した。通常、お寺は檀家と呼ばれる信徒のお布施などで成り立っている。かつて見性院には約400件の檀家があったが、それをやめ、信徒と呼ぶことにした。

そんな取り組みを始めたのは、見性院住職の橋本英樹(えいじゅ)(50)さん。橋本住職は檀家制度を廃止した理由を聞かれ、「現代は自然に檀家が増えていく時代ではない。現状維持では絶対に衰退していくと確信していた」と答えた。

そんな橋本住職の方針は「来るもの拒まず」。檀家制度を廃止し会員組織を作った。明朗会計とサービス重視を掲げ、ネットを通じて新規開拓する方向へとかじをきった。結果的に合わせて1000世帯以上の付き合いに膨らみ、寺の収入も3倍ほどに増えたという。「みんなのお寺」をキャッチフレーズとして掲げ、宗派や国籍を問わず広く集めたいと考えている。

また、見性院は遺骨を郵送で受け付ける「送骨サービス」も始めた。「お金がなくて墓が建てられない」「墓の後継者がいなくて困っている」といった相談は以前からあったという。荷造りに必要な段ボールなどを希望者に送り、骨つぼに入れた遺骨を送り返してもらう。敷地内にある納骨スペースに合祀(ごうし)し、永代供養する。宗派や国籍は一切問わない。維持費もいらない。料金は送料込みで3万円強だ。

だが一方で、経済的行為と宗教は分離するべきだとの反発の声もある。それに対して橋本住職は「もちろん、戸惑いの声はある。しかし誰かが憎まれ役を買って出て、ある一つの成功モデルを作っていかないと、明日の日本の仏教のお寺に未来はないと思ってやっている」と語った。

最終更新:9/7(水) 14:17

AbemaTIMES

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。