ここから本文です

熱狂再び!いよいよリオパラリンピック開幕 日本人出場選手と競技を紹介

カンパラプレス 9月7日(水)18時35分配信

 7日(水)から18日(日)までの12日間、ブラジル・リオデジャネイロで開催されるパラリンピック。日本選手団は17競技に132選手が参加予定。日本から出場する選手と競技をご紹介します。

アーチェリー

肢体不自由者が対象。一般の競技規則に準じて行われるが、障害の種類や程度に応じ、規則の一部変更や、用具の工夫が認められている。たとえば、力の弱い人でも使用できるコンパウンドボウ(滑車のついた弓)や、弓を放つときに使うリリーサーという補助具の使用、あるいは介助者のサポートなどが可能。

・上山 友裕
・小野寺 公正
・平澤 奈古

陸上競技

トラック競技、フィールド競技、マラソンが実施される。一般の陸上規則に準じるが、障害の種類や程度によって細かくクラスが分かれ、規則も一部、変更が認められている。たとえば、下肢切断選手はスポーツ用に特化した義足を使ったり、車椅子使用選手はレーサーと呼ばれる競技専用の車椅子を使う。視覚に障害のある選手は伴走者と走ったり、フィールド競技の場合はコーラー(声や手を叩いてガイドする)の指示に従って競技することが認められている。

・芦田 創
・上与那原 寛和
・大井 利江
・岡村 正広
・久保 恒造
・佐藤 圭太
・佐藤 友祈
・鈴木 徹
・副島 正純
・多川 知希
・永尾 嘉章
・野田 昭和
・樋口 政幸
・洞ノ上 浩太
・堀越 信司
・松永 仁志
・山口 光男
・山本 篤
・山本 浩之
・和田 伸也
・大西 瞳
・北浦 春香
・木山 由加
・近藤 寛子
・高桑 早生
・高田 千明
・高松 佑圭
・辻 沙絵
・土田 和歌子
・中西 麻耶
・中山 和美
・西島 美保子
・前川 楓
・蒔田 沙弥香
・道下 美里
・山本 萌恵子

ボッチャ

重度脳性まひ者、あるいは四肢重度機能障害者のために考案されたスポーツ。2チームで対戦し、それぞれ赤か青のボール(6球ずつ)を投げるか転がして、コート内に置かれた白いボール(ジャックボール)にいかに近づけるかを競う。ボールは他のボールにぶつけてもよい。障害のためボールを投げることができなくても、アシスタントが持つ「ランプス」という勾配した補助具を使って投球できる。アシスタントは選手の指示に従ってランプスを上下左右に動かすが、アシスタントからアドバイスすることは許されず、アシスタントは常にコートに背を向けていなければならない。

・木谷 隆行
・杉村 英孝
・高橋 和樹
・廣瀬 隆喜
・藤井 友里子

1/4ページ

最終更新:9月11日(日)13時16分

カンパラプレス