ここから本文です

堀江/清水が2回戦へ、綿貫組は初戦敗退 [全米テニス・ジュニア]

THE TENNIS DAILY 9月7日(水)11時4分配信

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月29日~9月11日/ハードコート)の大会9日目、ジュニアの部の本戦3日目は男女シングルス2回戦と男女ダブルス2回戦が行われた。

綿貫陽介が2回戦へ、予選突破の菊地裕太は本戦勝利ならず [全米オープン・ジュニア]

 男子シングルス2回戦に臨んだ清水悠太(パブリックテニスイングランド)は第11シードのケネス・ライスマ(エストニア)に1-6 7-5 5-7で敗れた。

 ダブルスでは堀江亨(関スポーツ塾・T)/清水が第5シードのジョン・マクナリー/ジェフリー ジョン・ウルフ(アメリカ)を6-1 6-7(6) [10-7]で下して初戦突破を果たしたが、第1シードのウリス・ブランチ(アメリカ)/綿貫陽介(フリー)はワイルドカード(主催者推薦枠)のショーン・スカリー/Nick STACHOWIAK(ともにアメリカ)に4-6 6-2 [8-10]で敗れた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

【ジュニア男子シングルス2回戦】

●12清水悠太(パブリックテニスイングランド)1-6 7-5 5-7 ○9ケネス・ライスマ(エストニア)[11]

--------------------

【ジュニア男子ダブルス1回戦】

●1ウリス・ブランチ/綿貫陽介(アメリカ/フリー)[1] 4-6 6-2 [8-10] ○2ショーン・スカリー/Nick STACHOWIAK(アメリカ)[WC]

○7堀江亨/清水悠太(関スポーツ塾・T/パブリックテニスイングランド)6-1 6-7(6) [10-7] ●8ジョン・マクナリー/ジェフリー ジョン・ウルフ(アメリカ)[5]

--------------------

【ジュニア男子ダブルス2回戦 組み合わせ】

7堀江亨/清水悠太(関スポーツ塾・T/パブリックテニスイングランド)vs 6Rudolf MOLLEKER/Khumoyun SULTONOV(ドイツ/ウズベキスタン)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:NEW YORK, NY - SEPTEMBER 04: Toru Horie of Japan returns a shot to Miomir Kecmanovic of Serbia during his first round Junior Boy's match on Day Seven of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 4, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

最終更新:9月7日(水)13時11分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。