ここから本文です

HKT48宮脇咲良、大ヒット映画「君の名は。」聖地巡礼でヒロインと同じポーズの記念撮影。新海監督の反応に「嬉し過ぎる」

E-TALENTBANK 9月7日(水)21時10分配信

6日、アイドルグループ・HKT48とAKB48を兼任する宮脇咲良が須賀神社(東京都新宿区)を訪問し、大ヒット中の映画「君の名は。」の聖地巡礼を行ったと自身のTwitterで報告した。

「君の名は。」は新海誠監督の原作小説「小説 君の名は。」に基づいて制作されたアニメーション作品。宮脇は映画のワンシーンに登場する須賀神社を訪れ、映画のヒロイン・三葉と同じポーズで記念撮影した写真をTwitterにアップし、「先日観た『君の名は。』に感動して、聖地と呼ばれる須賀神社へ行ってきました」とコメント。

ツイートでは「実は、三葉ちゃんを演じている上白石萌音ちゃんは小さな時からの鹿児島のお友達。色んな映画に出演していて、本当に凄いなぁ。。」と、旧友である上白石についても触れ、敬意を示すコメントをしている。

このツイートは瞬く間に話題になり、映画を監督した新海氏も該当のツイートをリツイート。宮脇は「な、なんと! 新海誠監督がリツイートしてくださいました 嬉し過ぎる。。ありがとうございます!」と感動のコメントをしている。

最終更新:9月7日(水)21時10分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。