ここから本文です

福島県警緊急援助隊が帰還 台風10号で岩手に派遣、行方不明者捜索など尽力

福島民友新聞 9月7日(水)11時52分配信

 台風10号による豪雨で岩手県に派遣された県警広域緊急援助隊警備部隊は6日、福島市に戻った。

 同隊員ら27人は3~6日、甚大な被害があった同県岩泉町で行方不明者の捜索や住民の安否確認などに当たった。

 部隊の帰県式は6日、同市の県警機動センターで行われ、部隊長を務めた山田尚徳機動隊中隊長が帰県を申告。橋本宗男警備監が隊員らの労をねぎらった。

 山田中隊長は「被災地はまるで津波被害に遭ったような状況だった。今後も東日本大震災で全国から受けた支援に対する恩返しをしていきたい」と話した。

福島民友新聞

最終更新:9月7日(水)11時52分

福島民友新聞