ここから本文です

圧巻のハットトリックを達成したラッシュフォードについて指揮官が語る 「彼の態度は謙虚」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月7日(水)19時56分配信

控えめな印象を与えるラッシュフォード

U-21イングランド代表は6日、U-21欧州選手権予選でU-21ノルウェー代表に6-1で勝利した。マンチェスター・ユナイテッドに所属する18歳FWマーカス・ラッシュフォードは、この試合でハットトリックを達成し鮮烈なデビューを飾った。

U-21イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督は試合を振り返り、「素晴らしい結果のように見えるが、我々はまだ向上できることがたくさんあると思う」とコメントした。FAの公式サイトが伝えている。そしてA代表に招集される実績を持つラッシュフォードについて「この一週間彼の態度はとても謙虚だった。彼らは若いのでそういった姿勢を期待されるが、必ずしもそうではない。だが彼は謙虚な姿勢で取り組み、楽しんでいたと思う」を語った。

イングランドはU-21欧州選手権の予選で2試合を残しているが、あと1勝を手にすれば本戦出場が決定する。ラッシュフォードはチェルシーに所属するルーベン・ロフタス=チークや、レスターのデマレイ・グレイなど今後の活躍が期待される選手たちとともに本大会出場を目指す。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月7日(水)19時56分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。