ここから本文です

日ハム吉川、悔しいセーブ失敗 角中に同点適時二塁打許す

Full-Count 9月7日(水)21時50分配信

負傷のマーティンに代わって抜擢もプロ初セーブならず

 日本ハムの吉川光夫投手が7日のロッテ戦(札幌ドーム)で1点リードの9回に救援したが、2死一、三塁から角中に同点適時二塁打を献上。プロ初セーブを逃した。

 守護神のマーティンが左足首捻挫で離脱。栗山監督が抜擢したのは、先発で2軍調整していた左腕だった。慣れないマウンドから制球が安定せず、先頭の中村の四球、清田の右前安打などで1死一、三塁のピンチを招いた。代打・井口は捕飛に打ち取ったが、リーグ首位打者はわずかなスキを逃してくれなかった。

 悔しいセーブ失敗。首位・ホークス追撃するため、次に生かして欲しいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月7日(水)21時50分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報