ここから本文です

藤澤ノリマサ『MESSAGE』2週連続第1位、東儀秀樹『世界の歌』初登場第2位

Billboard Japan 9/7(水) 15:15配信

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsの第1位は、先週に引き続き藤澤ノリマサのワーナーミュージック移籍第一弾アルバム『MESSAGE』が堂々のチャートイン。観覧フリーのインストアライブも数を重ねており、更に9月2日からは全国ツアーが開始された。ツアー会場内の即売所での購入でアーティストの握手会に参加できる特典があり、その影響とも見られる。

 第2位は東儀秀樹によるニューアルバム『世界の歌』が初登場。昨年3月にリリースした『日本の歌』の続編とも言えるアルバムで、ディズニー「星に願いを」を始め、スコットランド民謡「Water is Wide」、世界的に有名なシャンソンナンバー「枯葉」、アイルランド民謡「Danny Boy」など世界の名曲を集めたコンピアルバム。現在、東儀秀樹、古澤巌、cobaの3人で行っている全国ツアーTFCの期間中であり、9月は開催地が多いことから続けてのチャートインが期待できそうだ。

 他、辻井伸行のアルバムが6位、14位、17位、18位に4枚同時チャートイン。9月2日から開始しているコンサート【辻井伸行 音楽と絵画コンサート】出演や、9月3日に関西TVとフジTVにて『さんまのまんま』出演が放送されるなど、メディア露出の影響が見られる。text by yokano

◎【Top Classical Albums Sales】トップ10
1位『MESSAGE』藤澤ノリマサ
2位『世界の歌』東儀秀樹
3位『0歳からの育脳クラシック』
4位『R.シュトラウス:交響詩チクルス[2]:ドン・キホーテ,ティル・オイレンシュピーゲル&ばらの騎士』パーヴォ・ヤルヴィ,NHK交響楽団
5位『映画「ゴジラ」(1954)ライヴ・シネマ形式全曲集』和田薫,日本センチュリー交響楽団
6位『THE BEST』辻井伸行
7位『たてがみの騎士』ズーラシアン・ブラス
8位『第九録音集十拳剣』侍BRASS
9位『ジネット・ヌブー・コレクション~1938-1949 Recordings』ジネット・ヌヴー
10位『四月は君の嘘 僕と君との音楽帳』

最終更新:9/7(水) 15:15

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]