ここから本文です

ピクシーズ、発売間近の新作『ヘッド・キャリア』から新MV公開

Billboard Japan 9月7日(水)18時10分配信

 9月30日にニューアルバム『ヘッド・キャリア』をリリースする米ロックバンドのピクシーズが、9月5日、同アルバムから「Tenement Song」のミュージックビデオを公開した。

 同ビデオは、ボーカルのブラック・フランシスによる歌詞とバンドお馴染みのヴォーン・オリバーによるアルバム・アートワークにインスパイアされ、Krank! Collectiveが制作したアニメーション作品だ。

 従来のライトボックスや手書きのアニメーションをはじめ、ロトスコープ(実写映像をもとにアニメーションを作る手法)、デジタル合成など、手作りとデジタルの様々な技術を使用して作られた同ビデオ。自分の臓器を賭けたヴァイオレントなカードゲームをする者や、パーティーを楽しむ異様な住人たちが住む荒れ果てた安アパートを舞台に、一匹のネズミが走り回るといったもの。最後には同建物全体が炎上し、その様子を一般の人たちがはたから眺めているというシュールな内容となっている。

 ピクシーズはこの夏、同ニューアルバムから既に「Um Chagga Lagga」と「Talent」の2曲を公開している。

 『ヘッド・キャリア』はピクシーズ6枚目のフルアルバムで、ベーシストのパズ・レンチャンティンを正式メンバーに迎えて初めての作品となる。1991年の『トゥロンプ・ル・モンド』以来、23年ぶりの復活アルバムとなった2014年リリースの前作『インディ・シンディ』に続く作品だ。

最終更新:9月7日(水)18時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。