ここから本文です

プロモーターが語るもてぎ戦とWTCCの未来(3)「日本人ドライバーが必要だ」

オートスポーツweb 9月7日(水)17時51分配信

 WTCC世界ツーリングカー選手権日本ラウンドは9月2~4日、ツインリンクもてぎで2年目のイベントが行われたが、この場でWTCCのプロモーターを務めるユーロスポーツ・イベントのフランソワ・リベイロ代表がグループインタビューに応じた。

【シビックWTCCのコクピットに収まる道上龍】

 リベイロ代表は、ユーロスポーツ・イベントのなかでWTCC、そして二輪のEWC世界耐久選手権をプロモートしており、鈴鹿サーキット、そしてツインリンクもてぎを運営するモビリティランドとの関係も深い。また、両シリーズとも日本でレースを開催していることから、日本のモータースポーツ文化やシリーズについても非常に深い見識をもっている。

 そんなリベイロ代表に、最終回となる今回はMAC3、そして日本人ドライバーの参戦についてどう考えているのかを聞いた。

■MAC3を提案したとき、皆は馬鹿にしていたがね
Q:2016年から『WTCC MAC3(マニュファクチャラー・アゲンスト・ザ・クロック)』という新しいコンテンツを開催しているが、ここまでの成果はどのようにとらえているのか。
フランソワ・リベイロ(以下FR):素晴らしいものだ。皆、当初は私のことを馬鹿にしていたがね。私が昨年この提案をしたときにはまじめに取り合ってもらえなかったが、今は本当にやってよかったと思っている。選手権に新しいモノを持ち込めたからね。マニュファクチャラーからも気に入ってもらえているし、ドライバーも楽しんでいる。テレビ映えも非常にいいだろう。2017年はMAC3をより重視していくつもりだし、ポイントも増やすつもりでいる。マニュファクチャラーのチャンピオンシップ争いでもここがカギとなるだろう。今年は1位と2位の間、2位と3位の差は2ポイントしかないが、来年は5~7ポイントの差が必要だ。もてぎでのMAC3では、1位と2位のタイム差が1秒あったが、これは今シーズン最大の差だった。今シーズンは0.1秒差や0.2秒差、同タイムでの写真判定すらもあったのだ。素晴らしいことだ。

Q:今回のもてぎでは日本人ドライバーがひさびさに日本で走ったが、これをどう評価するのか。
FR:逆に君はミチガミ(道上龍)についてどう感じた? 日本人ドライバーにとって、WTCCに慣れるのは難しそうだったが。

■WTCCには日本人ドライバーが必要だ
Q:今後の日本人ドライバーの参戦についてどうとらえたか。
FR:ぜひ来年は日本人ドライバーにフルシーズン参戦してほしいし、我々としては必要だ。WTCCにはさまざまな国のドライバーが参戦しているが、まだフルシーズン参戦している日本人選手はいない。そこで私は予選日の夕方、ホンダに『もうチャンピオンシップで十分優勝できるクルマがあるのだから、ヨーロッパの選手だけでなく日本人選手にチャンスを与えるべきだ。シビック・タイプRも日本で販売されており、成功を収めている。日本人ドライバーがフルシーズン参戦するのは当然のことだ』と伝えた。来年が日本人ドライバーが参戦する、最もチャンスとなるシーズンだろう。

Q:それについてホンダはどう反応していたか?
FR:できるのではないかとは感じた。どのドライバーになるかは私が決めることではない。

Q:WTCCに適しているのはどんなドライバーだと思うか?
FR:ホンダには契約しているドライバーがたくさんいる。何人だ? 20人くらいか? まずはWTCCでいいペースを保てることが大事だ。グッド・ルッキングであるとか、ソーシャルメディアのアプローチがうまいとかは二の次だ。

Q:たとえば、ホンダがWTCCで成功するためにはどういうドライバーがいいかというアドバイスを求めて来たらどうする?
FR:来ないと思うがね(笑)。20人くらいの契約ドライバーがいて、誰かひとりの名前を挙げたら彼らは気に入らないだろう。私ならタクマ・サトウ(佐藤琢磨)というかもしれない。インディカーではなく、ワールドチャンピオンシップを戦う彼を見たいと思っている。だが、現実にはホンダは私に尋ねてこないでだろう。聞いてくる必要もないし、彼らのレースでの経験は豊富なので、私を必要とはしないだろうね。ただ、ネストール・ジロラミは私がボルボに対して提案したドライバーだ。もてぎでの彼のパフォーマンスには満足している。彼はとても速く、ボルボのリーダードライバーとして成長していくだろう。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月7日(水)18時49分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]