ここから本文です

「沖縄は一人じゃない」 元米兵らも高江で座り込み

沖縄タイムス 9月7日(水)7時30分配信

 米退役軍人らでつくる平和団体VFP(ベテランズ・フォー・ピース)のメンバーが、沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する市民らとともに、工事車両を止めようと道路上に座り込み、警察機動隊と激しくぶつかっている。「私たちは戦争がどういうものか知っている」。ベトナムやイラク戦争を経験し、むしろ米軍が世界各地で紛争を巻き起こしていることを肌で知るメンバーが、米軍基地の機能強化に向けた工事に「ノー」を突きつける。(北部報道部・城間陽介、伊集竜太郎)

この記事の他の写真・図を見る

■「日本の警察はまだ優しいね」

 5日午前、背中に「やんばるの森を守ろう」などと記された黄色いTシャツを着た31~79歳のメンバー6人は座り込んだ。機動隊員4人に両手両足を捕まえられて排除されるが、何度も座り込む。ウィル・グリフィンさん(31)は「日本の警察はまだ優しいね。米国だったら蹴り飛ばされ、もっと乱暴な扱いを受けるだろうよ」と笑い飛ばす。

 マイク・ヘインズさん(40)はイラク戦争を経験。テロリストがいるとされた家屋の玄関を片っ端から壊し、中に入った。「でも普通の家族ばかり。米情報部からの多くの情報は間違いだった。私たちがテロリストだったことが分かった」。今でも家の中で泣き叫ぶ子どもたちの声が脳裏から離れない。マイク・ヘイスティーさん(71)は「米軍が世界各地でやっていることを止めないと、世界中を破壊するおそれがある」。だから高江も止めている。

 世界に約800カ所ある米軍基地で韓国、ドイツ、エジプト各地で反基地運動が起きているという。グリフィンさんは現場を離れる際、こう付け加えた。「沖縄は一人じゃない」

 メンバーは高江の闘いを「海兵隊より勇敢だ」と評し、今後も連帯した闘いを誓った。

■「海兵隊の沖縄駐留は意味なし」

 キャンプ・シュワブの第3海兵師団戦闘強襲大隊で大尉を務めたマシュー・ホウさん(43)は6日までに沖縄タイムスの取材に応じ、中国や朝鮮半島の有事で、「在沖海兵隊は決定的な役割を果たせない。沖縄に駐留する軍事機能的な必要性はない」と主張した。

 ホウさんは1998年から2009年まで米海兵隊に所属し、00~02年の3年間、沖縄に駐留した。

 日米両政府は海兵隊の沖縄駐留の理由として、潜在的紛争地域に対する地理的優位性や抑止力維持を挙げるが、元海兵隊幹部は「駐留の必要はないが、地元住民が反対するから出ていくというわけにはいかない。周辺諸国に米国の力を見せつけたいという意味はあっても、軍事的な意味はない」と疑問を投げ掛ける。

 在沖海兵隊が、兵士を運ぶ大型の艦船や航空機といった輸送手段を持たないことが問題と指摘。中国や朝鮮の有事では米本土から海兵隊員を運び、沖縄の海兵隊員は「最後まで置き去りになる」との見方を示す。さらに米軍の朝鮮有事作戦計画(OPLAN)でも、真っ先に駆けつけるのは米本土の部隊であることが明らかになっていると証言した。(特別報道チーム・福元大輔)

最終更新:9月7日(水)20時5分

沖縄タイムス