ここから本文です

弥陀ケ原-室堂間を快走 明治大競走部、アルペンルートで練習

北日本新聞 9/7(水) 12:21配信

 立山町で合宿中の明治大競走部の15人が7日、立山黒部アルペンルートの弥陀ケ原-室堂間を走り、秋の駅伝シーズンに向けて仕上がりを確認した。

 同部は5日から3泊4日の日程で合宿している。7日は午前10時から4グループに分かれ、弥陀ケ原ホテル前を1分間隔でスタート。40分足らずで全グループがゴールした。ゴール後は町職員らの案内で周辺を散策した。

北日本新聞社

最終更新:9/7(水) 20:33

北日本新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革