ここから本文です

広島、四半世紀ぶりVへ秒読み 各球団最後のリーグ優勝はいつ?

ベースボールキング 9/7(水) 10:00配信

 セ・リーグの首位を走る広島は6日の中日戦に勝利し、優勝へのマジックナンバーを「3」とした。

 現在プロ野球で最も優勝から遠ざかっている広島。今年、広島が優勝を果たせば25年ぶりの快挙となるが、果たしてほかの球団の“最後の優勝”はいつなのだろうか。


 広島に次いで、優勝から遠ざかっているのがオリックスの1996年だ。当時のオリックスは現在メジャーで活躍するイチローが首位打者、最多安打、最高出塁率のタイトルを獲得し、中軸を打っていたニールが本塁打と打点の二冠。投手陣もエース・星野伸之、野田浩司、鈴木平、野村貴仁などが中心として活躍した。優勝を決めた9月23日の日本ハム戦では、イチローがサヨナラ安打を放っている。

 DeNAも横浜時代の98年を最後にリーグ優勝ない。当時の横浜は、1番の石井琢朗から始まる打線は他球団の投手陣を震え上がらせ、“マシンガン打線”と呼ばれた。投手陣も、勝ち試合の最後を締めくくった大魔神・佐々木主浩がこの年、45セーブをマークし、防御率は0.64を記録した。

 また2005年のロッテは、シーズンを2位で終えたが、プレーオフを制しリーグ優勝を決めた。04年から06年の3年間は、パ・リーグでプレーオフを導入し、プレーオフを制したチームがリーグ優勝となったため、シーズン2位のロッテがリーグ優勝となった。

 ちなみに、各球団の最後の日本一を見ると、広島の1984年が日本一から最も遠ざかっている。 

【各球団最後の優勝】
<パ・リーグ>
1996年 オリックス
2005年 ロッテ
2008年 西武
2012年 日本ハム
2013年 楽天
2015年 ソフトバンク

<セ・リーグ>
1991年 広島
1998年 DeNA
2005年 阪神
2011年 中日
2014年 巨人
2015年 ヤクルト

【各球団最後の日本一】
<パ・リーグ>
1996年 オリックス
2006年 日本ハム
2008年 西武
2010年 ロッテ
2013年 楽天
2015年 ソフトバンク

<セ・リーグ>
1984年 広島
1985年 阪神
1998年 DeNA
2001年 ヤクルト
2007年 中日
2012年 巨人

BASEBALL KING

最終更新:9/7(水) 10:04

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。