ここから本文です

マエケンが14勝目 日本人メジャー新人投手の勝ち星トップ5

ベースボールキング 9/7(水) 7:45配信

 ドジャースの前田健太が現地時間5日(日本時間6日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦で今季14勝目を挙げ、石井一久氏らが持つ球団の新人シーズン最多勝利記録に並んだ。そこで、日本人メジャーリーガーの投手が1年目に挙げた白星ランキングで見ていきたい。

 1位は2012年に16勝を挙げたダルビッシュ有(レンジャーズ)だ。ダルビッシュは、メジャー初登板となった4月9日のマリナーズ戦で5点を失うも初勝利。4月は5試合に登板して、4勝0敗、防御率2.18を記録した。5月以降は不安定な投球も多かったが、打線の援護に恵まれ、勝ち星を積み重ねていき、最終的には16勝を挙げた。

 2位は07年に15勝をマークした松坂大輔(レッドソックス)だ。松坂はメジャー特有のマウンドの硬さ、ボールの大きさなどに苦しめられたが15勝。そして3位は、5日のダイヤモンドバックス戦で14勝目を手にした前田と石井の2人。5位は95年の野茂英雄(ドジャース)、14年に田中将大が記録した13勝となっている。


【メジャー1年目の勝ち星トップ5】
1位 ダルビッシュ有(レンジャーズ)
12年:29試 16勝9敗 防3.90

2位 松坂大輔(レッドソックス)
07年:32試 15勝12敗 防4.40

3位 前田健太(ドジャース)
16年:27試 14勝8敗 防3.29

3位 石井一久(ドジャース)
02年:28試 14勝10敗 防4.27

5位 野茂英雄(ドジャース)
95年:28試 13勝6敗 防2.54

5位 田中将大(ヤンキース)
14年:20試 13勝5敗 防2.77

※()は当時所属球団
※成績は現地時間2016年9月6日時点

BASEBALL KING

最終更新:9/7(水) 10:10

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。