ここから本文です

実は大記録!? イチローの“連続本塁打”

ベースボールキング 9/7(水) 12:50配信

イチローが続ける意外な記録

 マーリンズのイチローが現地時間6日(日本時間7日)、本拠地でのフィリーズ戦に代打で出場し、今シーズン第1号の2ランを放った。

 この本塁打により、イチローはオリックス時代の1993年から日米を跨いで続けている連続本塁打記録を24年に伸ばしている。イチローの年度別本塁打は以下の通り。


イチロー 24年(93年~16年)
<NPB>
・1992年 0本(オリックス)
・1993年 1本(オリックス)
・1994年 13本(オリックス)
・1995年 25本(オリックス)
・1996年 16本(オリックス)
・1997年 17本(オリックス)
・1998年 13本(オリックス)
・1999年 21本(オリックス)
・2000年 12本(オリックス)

<MLB>
・2001年 8本(マリナーズ)
・2002年 8本(マリナーズ)
・2003年 13本(マリナーズ)
・2004年 8本(マリナーズ)
・2005年 15本(マリナーズ)
・2006年 9本(マリナーズ)
・2007年 6本(マリナーズ)
・2008年 6本(マリナーズ)
・2009年 11本(マリナーズ)
・2010年 6本(マリナーズ)
・2011年 5本(マリナーズ)
・2012年 9本(マリナーズ/ヤンキース)
・2013年 7本(ヤンキース)
・2014年 1本(ヤンキース)
・2015年 1本(マーリンズ)
・2016年 1本(マーリンズ)

 日本だけに限定すると、昨季限りで現役引退した谷繁元信の27年連続本塁打が最高となる。1988年のドラフト1位で大洋(現DeNA)に入団した谷繁は、1年目の89年5月27日・ヤクルト戦でプロ初本塁打を記録。そこから引退する2015年まで毎年欠かさず本塁打をマークした。

メジャー記録まであと“1年”

 イチローが現在活躍するメジャーリーグでは、リッキー・ヘンダーソン氏が持つ「25年連続本塁打」がメジャー記録となっている。

 リッキー・ヘンダーソン氏といえば、世界記録となる通算1406盗塁をマーク。“俊足”のイメージが強いが、メジャー最多となる81本の先頭打者本塁打を放つなど長打力も兼ね備え、メジャーでプレーした25シーズンで毎年本塁打を記録した。

 その他では、世界の本塁打王こと王貞治氏と、メジャーの本塁打王バリー・ボンズ氏は共に22年連続、日本が世界に誇る大砲・ゴジラこと松井秀喜氏は20年連続となっている。


 ちなみに、イチローの日米通算24年連続本塁打という記録は、日本では谷繁氏と野村克也氏に次ぐ歴代3位にあたり、MLBではタイ・カッブ氏に並ぶ歴代2位タイの記録となる。来年も本塁打を放つことができれば、野村克也氏とリッキー・ヘンダーソン氏の記録に並ぶ。

 世界を代表する安打製造機は、実は本塁打でもメジャー記録に迫っていた。これも“日米通算”であり、また様々な議論を呼ぶことになりそうだが、イチローのちょっと意外な本塁打の記録にも注目していきたい。

1/2ページ

最終更新:9/7(水) 19:04

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。