ここから本文です

ファットボーイ・スリムのノーマン・クック、ハウスマーティンズ再結成は「スミスが再結成するなら自分たちもありえる」と語る

RO69(アールオーロック) 9月7日(水)12時21分配信

ファットボーイ・スリムのノーマン・クックが1980年代に組んでいたバンド、ザ・ハウスマーティンズの再結成の可能性について問われ、「ザ・スミスが再結成するなら自分たちもありえる」と答えた。

これはガーディアン紙のファンからの様々な質問に答えるコーナー「AMA(Ask Me Anything)」の中で明らかにしたもので、ハウスマーティンズの再結成についてファンに訊かれたノーマンは次のように答えている。「絶対にありえないね。ぼくらは1988年にダブリンのブルームズ・ホテルで解散の話し合いを持った時、再結成はしないって決めたんだ。それから5年後にみんなで集まってランチをした時も、その点について再確認したよ。ただし、もしもスミスが再結成するようなことになったら、その場合に限ってぼくらも再結成について再考してみようってね」

ノーマン・クックや元ビューティフル・サウスのポール・ヒートンらによって1983年に結成されたザ・ハウスマーティンズは、デビュー・アルバム『ロンドン 0 ハル 4』(1986)、『ザ・ピープル・フー・グリンド・ゼムセルブス・トゥ・デス』(1987)と2枚のアルバムを発表し、1988年に解散している。

RO69(アールオーロック)

最終更新:9月7日(水)12時21分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。