ここから本文です

紀の国トレイナート

紀伊民報 9月7日(水)17時1分配信

 JR紀勢線を舞台にした芸術イベント「紀の国トレイナート2016」が10月21日~12月24日に開かれる。和歌山県の御坊駅―新宮駅間の28駅がアートで彩られる。初日から3日間は植物を飾ったり、ジャズ演奏したりする特別列車が運行される。JR西日本は今月23日から12月23日まで、1日乗り放題できるフリーパスを販売する。

 誘客や交流を目的に2014年から始まったイベント。エリアが昨年まではみなべ町以南だったが、今年は御坊市まで広がり、アートのある駅の数は20から28に増えた。

 各駅には駅舎の内外やプラットホームの壁などに絵が描かれ、オブジェが飾られる。参加する作家は招待や公募による42人で、うち新しく加わったのは17人。印南駅のカエルの面、紀伊田辺駅の動物フェルト作品、周参見駅の巨大壁画、紀伊有田駅の駅舎やプラットホームの壁画、下里駅の雲をイメージした立体作品、那智駅のミラーボールのようなオブジェなどが注目される。

 詳細は9月中旬以降、インターネットのホームページで紹介する。問い合わせは事務局の田辺商工会議所(0739・22・5064)か実行委員会(080・5786・2652)へ。

最終更新:9月7日(水)17時1分

紀伊民報