ここから本文です

鋭いクロスで先制点アシスト 酒井宏「外を使ってくれれば中も生きる」

SOCCER KING 9月7日(水)7時20分配信

 日本代表は6日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第2戦でタイ代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。

「外を使ってくれれば中も生きてくる」。初戦でUAE(アラブ首長国連邦)代表に敗れ、苦境に立たされた状況で迎えたタイ戦で先制ゴールを演出したのは、そう振り返る酒井宏樹(マルセイユ)の右足だった。

 18分、右サイドでパスを受けた酒井宏が右足で鋭いクロスを上げると、中央で競り合った本田圭佑(ミラン)の頭上を超えたボールを、原口元気(ヘルタ・ベルリン)がダイビングヘッドでゴール左に叩き込んだ。得点シーンについて酒井宏は、「相手が少なければ、うちのストライカーはヘディングで勝てる。ああいうボールをしっかり供給できたし、みんな把握できていたので」とコメントした。

 そして、UAE戦では中央からの崩しを意識しすぎたことで攻撃が停滞する場面が多かったことを踏まえ、この日の試合では「前半から外をうまく使ってくれたのもよかった」と幅を使った仕掛けができた点を評価している。

「みんながゴールの方向に向かって走っている時は、僕らも(クロス)上げやすいので、危険なボールになりますから。みんなが(ゴール前で)待っている時に上げても意味がないので、ああやって何回か外を使ってくれると外でチャンスになるし、そうしたら中も生きてくるので、そういうバリエーションを増やしていきたいです」

 ただ一方で、「1-0からなかなか追加点が取れなかったのは、僕も含めて、もっと追求していかないといけない」と決定力を欠いたことを反省。「いい形に関しては前の試合も山程あったので、最後のフィニッシュのところだと思います」と課題を口にした。

SOCCER KING

最終更新:9月7日(水)7時24分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。